「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

シロエリオオハム

昨日の台風は凄かった!
雨量は そうでもなかったが風が強烈!!
民家の屋根を吹き飛ばし、樹木を根ごと なぎ倒す\(◎o◎)/
市内では多くの地区で停電が発生するなど最近ない大きなものでした。

ここからは調査の続き。
地球岬沖30mラインでシロエリオオハムとオオハムの混群に出会った!
その数±100羽。 興奮しましたぁ~
この日は長玉しか持ち合わせておらず、引いた画が撮れませんでした (^^ゞ
e0266021_19554647.jpg

断崖の色が写り込み海面が綺麗な色合いに (~o~)
e0266021_1956151.jpg


撮影地:室蘭沖

# by hiro3523000 | 2016-08-31 21:19 | アビ科 | Trackback

コシジロアジサシ

悪天候のため流れに流れていた室蘭沖海鳥調査ですが この週末、3ヵ月ぶりに沖へ出る事ができました。
前日の予報では波風共に穏やかとの事でしたが、マリーナ横の風車はビュンビュン勢いよく回っており、海面は波立っていた (@_@;)
しかし この風向きだったら地球岬を かわせば凪るはず!
しかも今回のメンバーは皆さん揺れには強い方ばかり!!
8:30、マリーナを出港しました。

船を絵鞆沖⇒増市沖⇒追直漁港沖と進めるも一向に海鳥の姿が見られない。
なおも東に船を走らせていると地球岬を 交わした辺りで大きな潮目に当った。
そこには大量の流木やゴミなどが集まり その状況は数キロにわたり続いていた!
10年以上海へ出ているが、ここまでの規模は見た事がありません\(◎o◎)/
先日の台風が影響しているのでしょうね。
潮目には予想通どおりアカエリヒレアシシギの群れが付いていた。
順光になる位置に船を回し撮影タイムに入る。
しかし海中にはロープや漁網、流れ藻といった物が潜んでおり3度ペラに絡む。
1時間ほど撮影していただき、皆さん満足のいったところで その危険な海域を離脱。
イタンキ沖へ向かうのでした。
潮目を抜けると やはり海は凪ていた。
相変わらず海鳥の姿が見られないなか10時方向にアジサシらしき鳥さんを発見する!
速度を上げ追跡を開始するも なかなか撮影できる距離には近づけない。
追跡を諦めかけたその時、岩見沢のSさんがコシジロアジサシである事を確認。
その存在に皆さん急に色めき立つのでした。
このチャンスを逃すと今度いつ会えるか分からない。 必死の操船でした!
程なくし根負けしたのかアジサシたちは目の前で採餌を始めてくれた。
30分ほどでしたが撮影を楽しんだ後は登別沖へ進路を向けた。
目的は活イカの食べ放題!
この日は仕掛けを落とすと直ぐにイカが付いた。 入れ食い状態である!
釣っては捌き釣っては捌きで皆さんに満足いくまで食べていただきました\(^o^)/

コシジロアジサシが3羽も! しかも親子で見られるなんて\(◎o◎)/!
e0266021_20584824.jpg

名前のとおり ほんと腰白でした。
e0266021_21134793.jpg

親と子のツーショット。
e0266021_224455.jpg

背景を入れてみました。
e0266021_2128107.jpg

海鳥調査後半へ続く (^o^)丿

撮影地:室蘭沖

# by hiro3523000 | 2016-08-29 23:37 | カモメ科 | Trackback

ヨシキリザメ

2日前に釣りへ行った時の画像です。
イカは取られるは、仕掛けは取られるはで憎たらしい存在だったサメ。
後半、釣りそっちのけで撮影にハマっておりました!
ほんと楽しかったです\(^o^)/

明日は天候が回復する予報。
久々に海鳥調査で沖へ出ます。
途中イカのポイントへ立ち寄り釣りを少々!
活イカの食べ放題を考えております (^^)/
e0266021_2331547.jpg


撮影地:登別沖

# by hiro3523000 | 2016-08-26 23:58 | 自然 | Trackback | Comments(10)

ユリカモメ

天候が回復したので昨日は久々に海へ出てみました。
目的は釣りです。
はしりのスルメイカを求めて船を走らせた。

朝6時、釣具とカメラを積み込みマリーナを出港。
ひとり気楽に沖を目指すのでした。
途中、鳥がいないかと目を凝らすもウミネコが数羽見られただけ・・・
追直漁港沖に さしかかると頭の黒いユリカモメ1羽と出会う。
それから程なくし、シロエリオオハムが羽づくろいしている姿があった。
船を近づけるも、大飛びする事なく暫し撮影にお付き合いしてくれた。
地球岬を越えたあたりからオオミズナギドリが ちらほら目に付くようになるも遠く。
私のレンズでは太刀打ちできませんでした (^^ゞ
この日は風、波は無かったものの台風の影響が残っており うねりがでかかった!
大きいやつだと3mはあったかなぁ~
しかし私にとっては この大きな うねりも心地の良いものなんです (~o~)
台風の影響と言えば川から流されてきた大量の流木等が波間に見え隠れしていた。
それらの障害物を避けながら普段より慎重にポイントへ向かうのでした。
イタンキ沖ではアカエリヒレアシシギの群れが潮目で餌を探す姿を何度か見かけた。
すぐに逃げる群、こちらにはお構いなしで餌を取る群、さまざまでした。
いつもだと40分程のイカの漁場へは鳥見しながらだったので2時間もかかってしまった。
到着は8時、それから4時間ほど釣りを楽しみました!

マリーナで出港を待つ相棒。
海上へは前日に下ろしてもらいました。
e0266021_21264447.jpg

無風!  工場の煙はまっすぐ上がっていた。
e0266021_19345985.jpg

期待に胸膨らませ登別沖をめざすのでした!
e0266021_1935994.jpg

釣果はイカ50杯。 うち10杯を船上で一夜干し。
e0266021_2073728.jpg

この日はイカの乗りが良く3ケタを期待したのですがサメの襲撃にあってしまった。
多い時には こんなのが5匹も船の周りをぐるぐる・・・
仕掛けも2組持ってかれた (ToT)/~~~
e0266021_2075073.jpg

最初にシャッターを押した鳥さんです。
ウミネコと行動を共にしておりました。
e0266021_208530.jpg


撮影地:室蘭沖

# by hiro3523000 | 2016-08-25 22:14 | カモメ科 | Trackback

ミユビシギ

日曜日、ドライブがてら日本海へ向かった。
途中パンの美味しい『道の駅』へ立ち寄り大量購入。
2日かけて食べきりました (^_^;)
それで肝心の鳥さんですが・・・
ただただ日焼けして帰ってきました。

今回出会えたシギは たったの2種類。
画像は そのうちの1種 ミユビシギ。
寂しすぎます (T_T)
e0266021_21583384.jpg


撮影地:後志管内

# by hiro3523000 | 2016-08-23 22:51 | シギ科 | Trackback